目の疲労はサプリメントでおなじみのブルーベリーがおすすめ

メンズネイリストを目指す
自分に合ったネイル学習の環境を作るために知っておきたいこと
男性ネイリストとして働くために知っておくこと

目の疲労とブルーベリーの関係とは

青汁以外に、目の疲労に役立つ成分が含まれているとして注目されているブルーベリー。このブルーベリーの成分を使ったサプリメントがいろいろと登場しています。

目の疲労が身体に及ぼす影響

目をおさえる男性

目の疲れがたまると症状は目だけでなく体のそのほかの部分にも影響を及ぼすようになります。その症状として、首・肩・腕・腰のコリや痛みがあるのです。これは目の周りにある薄い筋肉が長時間緊張することでコリ固まり、さらに首から肩へというように周囲へと影響し、首から肩の緊張が背中や腕へとつながっていってしまうのです。

精神面にも影響が懸念される

眼精疲労によって、首や肩のコリ、痛みといった症状が体に表れてくると、その影響で精神面への悪影響も心配されます。体が思うように動かせなかったり辛いと感じる状態が続いたりすると、心も同じように窮屈になり、次第に精神も「ツライ」と感じるようになるでしょう。その結果、目の疲労が心に影響を与えることにつながるのです。

ブルーベリーが目に良いメカニズムとは

アントシアニンの効果が目に作用する
人の目は光を受け取って物が見えるようになりますが、その時に視覚物質である「ロドプシン」が働いています。分解と再合成を繰り返すことで物が見えるようにしていますが、再合成が遅れるとぼやけたり見えにくくなったりするのです。ブルーベリーに含まれるアントシアニンはこのロドプシンの再合成を促進する働きがあるために、目の健康に役立つと言われています。もし目のかすみや見えづらい症状がある時は、ブルーベリーのサプリメントを試してみると良いでしょう。
海外では医薬品として認められている
アントシアニンは、日本ではサプリメントの成分として利用されていますが、海外においては医療用として用いられている国もあるのです。その国とは、フランス・イタリア・韓国・ニュージーランド・アメリカなどで、中でも代表的な薬にはイタリアのアントシンやフォトレティン、フランスの強力ディフラレルがあります。日本では政府によって食効は認められているものの、医学的な効果までは認められていないために食品までの扱いとなっているのです。

ブルーベリーサプリメントに関するQ&A


おススメの摂取方法などはありますか?
サプリメントは食品なので、厳密に決められた量や頻度はありません。また、飲む時間帯にも特別な決まりはないのです。おすすめは、毎日適度な量を継続して飲むことです。少しずつ上手にサプリメントを使ってブルーベリー成分であるアントシアニンを補うことで、目の健康に役立つことが期待されます。ほかのサプリメントと併せて飲むことも可能です。
サプリメントではなく果実などを食べても同様の効果は得られますか?
必要な栄養素は食品から摂ることが最も理想的なので、ブルーベリーの果実からアントシアニンを摂るのはもちろんおすすめです。しかし、そのためには毎日しっかりと果実を続けて食べる必要があるので、なかなか継続は難しいでしょう。そのような場合でもサプリメントを使えば継続して栄養素を摂り続けることができるのです。

ブルーベリーサプリメントの選び方

アントシアニンが注目されるようになってから、とてもたくさんのブルーベリーサプリメントが登場しました。その中からどのサプリメントを選べばよいかポイントを紹介します。

ブルーベリーの種類を見極めることが大切

ブルーベリーがアントシアニンを含む代表的な食品として、多くのサプリメントに使われるようになりました。しかし実は、ベリー類であれば、ほかにもアントシアニンを豊富に含んでいるものはさまざまあります。最近ではビルベリーやブラックベリーなどを使って作られたサプリメントも登場しており、ブルーベリーよりも多くのアントシアニンを含んでいる点でも素材として注目されています。サプリメントに使用されているベリー類の種類をチェックすることでさらに効率よくアントシアニンを摂ることができるでしょう。またブルーベリーなどのサプリメントにはコラーゲンのような体の働きや、美容にうれしい成分も一緒に配合されているタイプも販売されています。

有効成分も漏れなくチェックしましょう

ルテイン
ルテインは緑黄色野菜に含まれるカロテノイドの一種で、アントシアニンを同じように抗酸化作用を持っています。またブルーライトを吸収する働きもあると言われており、パソコンを長時間使用する人にとってうれしい成分といえるでしょう。
コラーゲン
たんぱく質の一種であるコラーゲンは健康と美容の両方にうれしい成分であると有名で、ブルーベリーサプリメントにもよく含まれています。たんぱく質を細かく分解したものがコラーゲンなので、より吸収しやすい状態になっており、肌のハリツヤなどに役立つのです。
レスベラトロール
脂質の摂りすぎによって動脈硬化が起こり、その結果心血管病変が引き起こされると言われていますが、それを予防するために役立つ働きをきたされている成分がレスベラトロールです。赤ワインに多く含まれる物質ですがブルーベリーにも多いとされています。
メグスリノキ
メグスリノキにはフェノール配糖体のエピロードデンドリンが含まれています。これは、目の健康にうれしい働きが期待される成分です。日本では安土桃山時代からメグスリノキの成分が使われていたとされており、親しみのある成分といえます。
TOPボタン